Fairy gone

Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』12話(最終回)感想 1クール目の総評

『Fairy gone フェアリーゴーン』第12話(1クール最終回)「無力な兵隊」感想です。 前回あらすじ シュヴァルツが戦争を仕掛けてきた。ゴルバーン首相はドロテアと妖精省に迎撃を命じる。またネインの妖精武器アリアドラを解放する。...
Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』11話感想 シュヴァルツの反逆

『Fairy gone フェアリーゴーン』第11話「招かざる音楽隊」感想です。 前回あらすじ オズとフラタニルを失い、悲しみに沈むドロテア。マーリヤは自分自身を「災いの子」だと責めるのだった。塞ぎ込むマーリヤにレイ・ドーンの妖精武器...
Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』10話感想 マーリヤの過去との決別

『Fairy gone フェアリーゴーン』第10話「災いの子」感想です。 前回あらすじ ゴルバーン首相を護った功績として、シュヴァルツは妖精武器を所望。フラタニルが授けられた。ドロテアはフラタニルとシュヴァルツの護衛を兼ねて汽車に乗...
Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』9話感想 妖精武器とシュヴァルツの目的

『Fairy gone フェアリーゴーン』9話「転がる石と七人の騎士」感想です。 前回あらすじ スウィーティーとマーリヤは妖精を発動し、ギルバートを取り押さえる。黒の妖精書の元へ案内させるも、スウィーティーが裏切り中身を全て先に既読...
Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』8話感想 緊迫の終戦記念式典?

『Fairy gone フェアリーゴーン』8話「舞台袖の笛吹き」感想です。 前回あらすじ ゼルンI型の暴走事件を受けて、妖精省大臣ヨアヒムと軍部省大臣ブルーノが会合を設けるが、人工妖精を配備したい軍部と調査を優先したい妖精省の議論は...
Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』7話感想 妖精省と軍部省、交錯する思惑

『Fairy gone』7話感想「がんこな鍛冶屋と偏屈ウサギ」感想です。 前回あらすじ 配備予定の新型人工妖精ゼルンI型が急に暴走し、民間人に襲いかかってしまう。何やら怪しい人物が遠隔でゼルンI型を操っていたようだった。暴走事件をグ...
Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』6話感想 ギルバート・ウォーロックって誰?

『Fairy gone フェアリーゴーン』第6話「旅の道連れ」感想・あらすじ。ギルバート・ウォーロックって誰?五公について。マーリヤとクラーラの共闘。かわいい。
Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』5話感想 なぜヴェロニカは妖精をなかなか使わなかったのか?

『Fairy gone フェアリーゴーン』5話「黒い月と迷い子の歌」感想・あらすじ。なぜヴェロニカは妖精をなかなか使わなかったのか?新キャラクターのまとめ。
Fairy gone

『Fairy gone フェアリーゴーン』4話感想 ピンチに颯爽と現れるヴェロニカ

『Fairy gone(フェアリーゴーン)』第4話「せっかち家政婦とわがまま芸術家」感想。あらすじをわかりやすく解説。少しアニメとしての親切味に欠ける部分もある。
Fairy gone

『Fairy gone』3話感想 黒の妖精書をめぐる抗争

『Fairy gone(フェアリーゴーン)』第3話のあらすじ・感想。登場人物などを分かりやすく解説。固有名詞があまりにも多すぎる。
タイトルとURLをコピーしました